妊活とは具体的に何をするの?できることはあるの?

妊活とは、妊娠に対する正しい知識を身につけることと、体の調子や生活スタイルを見直し、妊娠に向けて前向きに活動することを指します。

では、具体的にどのようなことを行えばよいのでしょうか。夫婦でできることをまとめました。

妊活を始める場合、まずは妊娠について、正しい知識を身につけることが大切です。

間違った知識を元に活動をしていても、思ったような効果が得られないですし、努力する方向がずれていると、貴重な時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

妊活はすぐに効果が出るというよりも、半年、一年と長い期間行うことが多いです。

正しい知識を元に、効果的な活動を、継続して行うことが大切です。

昔から、冷えは女性の大敵と言われています。

体が冷えると、血液の巡りが悪くなり、子宮などの内臓の機能や働きが下がってしまうのです。

内臓の機能を活発にさせるには、体を温め、血流を良くすることが基本です。

特に夏は、エアコンで体を冷やさないように気を付けることが大切です。

夏のオフィスは、女性にとっては寒いと感じる温度に設定されていることが多く、ほぼ1日中そこで座って過ごす女性には、体が冷えてしまい、体調を壊してしまったり、冷え性になってしまう場合もあります。

クーラーがかかりすぎている場所で長時間過ごす場合は、ひざ掛けをかける、体を温める作用がある下着を着用する、ほっかいろを使うなど、工夫が必要です。

夏ではありますが、冷房からの冷えを防ぐ方法として、ヒートテックを着用することもおすすめです。

冷えが慢性化してしまうと、妊娠しづらいことはもちろんのこと、妊娠してからも流産の危険性が高くなるというリスクがあります。

体を温めることは基本中の基本である、ということを覚えておきましょう。

妊娠をするためには、基礎体温を毎日図るようにします。

基礎体温専用の「婦人体温計」を利用すると良いでしょう。通常の体温計は0.1℃刻みですが、婦人体温計の場合は、0.01℃単位で測ることができます。

測り方の注意点は、5点あります。

  • 起きてすぐ、布団の中で測る
  • 舌の下側で測る
  • 数分間しっかりと測る
  • 毎日できるだけ同じ時間に起きて測る
  • 測る前に、寝返りや伸びをしない

起きたすぐに、動かない状態で測れるように、体温計は枕元に用意しておきましょう。

また、基礎体温を計ったら、毎日記録を残し、グラフなどにしてみることをおすすめします。グラフ化すると、高温期と低温期の変化が良くわかり、排卵期が一目でわかりやすくなります。

食生活に気を付けて、栄養バランスの良い食事にする

妊活を成功させるためには、健康な体作りが大切です。心身共に健康になれば、おのずと妊娠しやすくなります。

健康な生活を送るためには、

  • 食事を抜かず、3食きっちりと食べる
  • 極端なダイエットをしない
  • 食べすぎない
  • 色々な種類のものを食べて、様々な栄養素をバランス良く摂取する

といったことが大切です。

特に、女性ホルモンのバランスを整える食べ物としては、

  • 納豆や豆腐などの大豆製品
  • アーモンドなどのナッツ類
  • レバー
  • カツオやウナギ、マグロなどの魚

が挙げられますので、意識して料理に取り入れると良いですね。

妊活に必要な栄養素を、簡単に一度に摂れる方法として「葉酸サプリを飲む」という方法も人気があります。

軽い運動をすると、血流が良くなり、体の冷えが改善されます。また、ストレス解消にもなりますので、体だけでなく、精神的にも明るく、元気になります。

このように、適度な運動をすることは、心と体の両方に良い効果をもたらすのです。

妊活は長期間に渡ることが多く、ストレスがたまったり、気持ちが落ち込んでしまうときもあるでしょう。

そのようなときに、適度な運動をすることで、ストレスが発散され、はつらつとした、明るい自分に戻れるきっかけにもなります。

健康な体と心のために、運動を是非取り入れてみましょう。

バランスの良い食事、適度な運動に加え、良質な睡眠をとることも、妊娠しやすい健康な体を作るためには欠かせません。

しっかりと寝て体を休めることで、疲労回復や病気の予防、美肌効果など、女性にとっては嬉しい効果もあります。

妊活はいつから行えばよいの?

妊活は、どのようなタイミングで行えば良いのでしょうか。

妊活は、「妊娠したい女性」だけのものと考えがちですが、実は、「今は望まないが、将来子供が欲しいと考えている女性」も、できるだけ早くから行っておいた方が良いと考えられています。

女性は、年齢とともに「妊娠しやすさ」が低下していきます。これは、細胞が徐々に老化していくからです。

特に、30代に入ると、妊娠のしやすさが徐々に低くなると言われており、「25~29歳」の女性よりも、「35~39歳」の方が、不妊症の割合が2倍以上になるという報告もあります。

いつか子供が欲しいと思っているのであれば、効果的なサプリを飲んで必要な栄養素を補うなど、「妊娠しやすい体」になるように意識しておくと、いざという時にも焦ることはありません。

妊活をするのに、早すぎるということはありません、妊活は、できるだけ早く始める方が良いのです。

目安としては、30代に入ったら、妊活を始める時期と言われています。まずは、葉酸サプリを飲むなどして、体の調子を整えていきましょう。

この記事を書いている人

preg-cure編集部