脇の黒ずみを消したい!自分で消す方法はないの?


脇の黒ずみは、間違ったセルケアによっても起こります。

きとんとお手入れをしても黒くポツポツしてきたり、色素沈着で悩んでいませんか?

脇の黒ずみは、正しいセルフケアをすることによって消すことも可能です。キレイな脇にする為に、自己処理の方法をまとめました。

目次

脇の黒ずみは自己処理が原因?

あなたはどのように脇のお手入れをしていますか?

  • 自己処理の方法はいくつかあります。
  • カミソリで剃る
  • 電気シェーバーで剃る
  • 毛抜きで抜く
  • 脱毛クリームで抜く

脇をキレイに見せるための自己処理が原因となり、コンプレックス酷くなってしまうことがあります。まずは、脇が黒ずんでしまう原因を知ることが大切です。

お肌は、外部刺激や紫外線から身を守る際にメラニン色素を生み出します。

正常なお肌であれば、お肌の生まれ変わりによってメラニン色素も一緒に剥がれ落ちます。その場合は色素沈着はおきません。

お手入れの時に、肌の薄い脇を傷つけてしまうことで、メラニン色素が増えてしまいます。

乾燥や肌荒が続くと、お肌の生まれ変わりが正常におこなわれません。すると色素沈着は悪化してしまいます。

  • 毛穴が閉じ埋もれ毛「埋没毛」になる
  • 毛穴が鳥肌状態になる
  • お肌が荒れ、色素沈着する

お肌に出来るだけ刺激を与えないことが大切です。そして乾燥を防ぐために保湿が重要になります。

  • 保湿クリームで乾燥に気を配る

脇は、皮膚が薄くデリケートです。どんなに気を遣ってもダメージを受けてしまいますので、乾燥を引き起こしやすい部位です。メラニン生成と色素沈着を引き起こさないように、保湿クリームを使ってください。

  • 電気シェーバーで剃る

電気シェーバーは、脱毛サロンでも採用されているお肌に優しいお手入れ方法です。

眉毛用の電気シェーバーや、女性向けのボディシェーバーがおすすめです。お肌に負担をかけることなくお手入れができるので安心です。

  • カミソリで剃る

カミソリによるセルフケアは、埋もれ毛や色素沈着の原因になります。少なくとも、ボディ専用のカミソリを使用することやシェービングクリームの使用は必須です。

  • 脱毛クリーム

毛根から脇毛を抜くことができるため、毛穴が目立ちません。また、自己処理の回数を減らすことができます。

しかし、脱毛クリームはお肌に負担がかかります。敏感肌の方は必ずパッチテストを実施してください。

脱毛クリームを使用するときの注意点
  • 使用前に必ずパッチテストを行う
  • 指定された除毛時間や利用方法を守る
  • 脱毛後は必ず保湿をする
  • 毛抜きで抜く

長持ちしますが、無理やりムダ毛を抜くことになる為、毛根に負担がかかります。

毛穴にダメージを与える為、埋没毛の原因となり、脇がブツブツになります。

脇の黒ずみは重曹パックをすると消える?

既に黒ずんでしまった場合は、重曹を利用した方法もおすすめです。

重曹は皮脂を落としたりお肌を柔らかくしてくれます、また毛穴の汚れをキレイにしてくれます。しかし、どんな重曹でも良いわけではありません。必ず料理用の重曹を使用します。刺激が強すぎるタイプはトラブルの元となりますので注意が必要です。

重曹は泡立てたボディソープや石鹸と一緒に使用してください。摩擦力が強い為肌を痛めます。また重曹の使用後は必ず保湿をしてください。乾燥してカサカサになってしまいます。

また脇の保湿専用クリームも販売されています。重曹は角質を落としたり毛穴の汚れにはおすすめですが、色素沈着に対処することはできません。

脇の専用クリームには乾燥を防ぐ保湿成分だけでなく、すでに出来てしまった黒ずみに対して働く成分も配合されています。

黒ずみを作らない為に専用商品でお手入れをしよう

電気シェーバーで剃る方法も脇に負担をかけないのでオススメですが、専用のクリームで黒ずみケアをおこなうのも大切です。

脱毛クリームやシェーバーを使った後にクリームを使用することで、お肌のコンディションを落ち着かせることができます。

毛抜きで抜く方法は最もおすすめできません。毛穴が盛り上がり、お肌がブツブツとなってしまいます。

ブツブツなっている方は、毛抜きが原因です。黒ずまないようにするためには自己処理を電気シェーバーに変えることが第一です。

さらに保湿することで、軽い黒ずみなら取ることができます。

目次へ戻る

脇の黒ずみを消すクリームの正しい選び方

脇の黒ずみをセルフケアする為のクリームはたくさん販売されています。しかし、正しい選び方を知れば迷うことはありません。

複数の保湿成分が配合されていれば、肌の性質に関係なく乾燥対策ができます。

  • 肌の保護機能の向上が狙えるセラミド
  • 肌自体にうるおいを与えてぷるぷるを保つコラーゲン

せっかくなら透き通るような脇を目指したいですよね。

ですから、美白成分が配合されているクリームを選んでください。さらに自然由来の美容成分が入っていると理想的です。

また、実際に使っている方の口コミは必ず確認して下さい。購入前にテクスチャーや香りについて知ることができます。

目次へ戻る

脇の黒ずみ専用のクリームをまとめました

運営スタッフによって、販売されている専用クリームを調べました。価格や配合成分はもとより、販売方法についてもしっかり比較しました。

定期購入や購入回数に縛りがあることを知らず、購入してしまうトラブルがかなり増えています。

このページでは、いつでも解約ができる商品や、購入回数の縛りが少ないものをあつめました

ピューレパール

脇の黒ずみにピューレパール

  • 【いつでも解約可能】

  • 価格:2,750円

  • 容量:60g

脇の黒ずみ対策クリームとして販売されている商品は数多くあります。しかし、デリケートゾーン用のクリームを脇用として販売しているケースが多いのも実情。

ピューレパールは脇の黒ずみをメインターゲットにして開発された商品です。とはいえ、脇以外の部位にも対応はしています。
ライバル商品との大きな違いは以下の通りです。

  • ジェルタイプなのでべとつかないサラッとしたテクスチャー。不快感がない
  • エアレスボトルの為、空気や雑菌に触れることもなく清潔に使える
  • プッシュタイプだから指ですくう必要がなく、爪の隙間に入り込まない
  • 60グラムの大容量。(30グラムと言った商品が多いんです)だけど携帯性に優れています

何より3,000円でお釣りがくるのに、定期購入回数の縛りがないのが魅力です。つまりいつでも解約が可能です。いつでも解約可能な商品はピューレパール以外にはありません。

また返金保証期間が無期限の為、結果的に損しません。注文した後にしばらく使ってみて、万一お肌に合わない場合も安心です。

アットベリー

アットベリーのパッケージ

  • 【2回の継続が必要】

  • 価格:2,980円

  • 容量:60g

アッベリーはピューレパールに次ぐ人気商品。黒ずみだけでなく二の腕のブツブツにも対応。

定期購入の回数縛りは、初回購入を含めて2回です。ジャータイプは好みが分かれるところです。

携帯性に関してはピューレパールの方が上ですので、ホームケア用と言えます。

アットベリーも十分な返金保証期間を設けています。180日間の間は保証の対象ですので、安心できます。

ただし、2回目以降の価格は5,440円ですので、ピューレパールの方が安い価格です。

ハーバルラビット

ハーバルラビットの本品

  • 【2回の継続が必要】

  • 価格:4,250円

  • 容量:35g

今一番人気と言えるのがハーバルラビット。雑誌やインスタで目にします。パッケージが可愛いので、スタッフも買ってしまいました。

いつでも解約可能ではないけれど、60日の返金保証があります、定期購入回数の縛りは2回です。ちなみに2回目の価格は4,750円。

コンビニ後払いとクレカ払いとでは、初回購入価格が異なるので注意してください。初回価格はピューレパールの方が低価格です。容量が少ないのは残念です。

ピンキッシュボーテ

ピンキッシュボーテのチューブ

  • 【3回の継続が必要】

  • 価格:初回実質無料

  • 容量:25g

ピンキッシュボーテは雑誌やインスタで見たことがある方もいるかもしれませんね。

最大の特徴はトクトク集中ケアキャンペーンです。

初回は送料のみ650円の負担です。実質無料プロモーションの為、めちゃくちゃ売れているとか。

しかし2回目の価格が6,480円ということは、3回継続が終わるまでに13,610円の出費が生じる計算になります。容量が25gしかないのは少ないです。

一番賢くて損しないと言えるのがピューレパール。いつでも解約が可能で価格もお値打ちです。医薬部外品で安心できます。

▼こちらもよく読まれています

ニベアや豆乳ローションは脇の黒ずみに使える?

ニベアや豆乳ローションで黒ずみが解決するという情報があります。実際に薄くなったというクチコミも広まっています。美白成分が配合されていないこれらの保湿化粧品に、何か秘密はあるのでしょうか?

まず、ニベアと豆乳ローションのメリットについて説明しましょう。

  • ニベア(青い缶のタイプ)

全身に使用できてお肌に優しい。スクワラン、ホホバ油などの油分が多く配合されています。肌荒れを保湿し、保護膜によって外部刺激から保護します。お顔や全身どこでも使用できます。

  • 豆乳ローション

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをします。ムダ毛の成長をおさえる働きがあります大豆サポニンは保湿力を向上させ、肌荒れを解決します。

ニベアは油分が多く、お肌を柔軟にすることで外部の刺激から肌を守ります。また、メラニン色素を外に排出する手助けをします。豆乳ローションはお肌に潤いを与え、ムダ毛の成長を遅くして、毛穴を目立たなくします。ニベアと豆乳ローションは、美白成分を配合していません。しかし、これらの働きが評価される理由と言えます。

しかし、頑固な黒ずみには役不足です。オロナインや乳液で保湿することは十分可能です。低刺激で肌に優しい商品ですが、色素沈着や毛穴の汚れに対処することはできません。脇は身体のパーツの中でも汗を掻きやすく、汗と皮脂の汚れが毛穴に溜まりやすい部位です。つまり細菌が繁殖しやすい環境にあります。稀に、市販品に配合されている成分がお肌に合わず、トラブルを起こす場合があります。

小学生や中学生でもできる脇のセルフケア方法

脇のお手入れは、小学生高学年から始められる方もいます。しかし、正しい方法を知らない為、中学生になって脇の黒ずみで悩む方もいらっしゃいます。ですから、中学生や高校生から始められるお金をかけずにできるセルフケアを紹介します。

  • 成長ホルモン

成長期には成長ホルモンが放出されます。その際、メラニン生成も活発化されます。その為、メラニンによって黒ずみが起こります。

  • 摩擦

窮屈な下着による摩擦や肥満が原因で摩擦が起こります。摩擦刺激から肌を守るためにメラニン色素がつくられます。

  • 毛穴の汚れ

思春期は皮脂や汗の分泌が多くなります。脇の毛穴に皮脂や汗などの汚れが詰まると黒ずんで見えます。

  • 自己処理

間違った自己処理は、色素沈着を招きます。以上のように、お肌に刺激を与える行為が黒ずみを作るきっかけになります。お金をかけずに出来ることは、脇に刺激を与えないようにすることと、お肌の状態を整えることです。

脇への刺激を軽減しよう
  • 下着を見直す

サイズの合わない窮屈な下着は、ワイヤー部分や生地の部分の摩擦によってお肌への刺激となります。体の成長に合わせて下着もきちんとサイズが合ったものを着用するように気をつけましょう。下着の生地は、お肌に優しいシルクや綿を選ぶことで、下着の摩擦による負担を軽減することができます。

  • 自己処理は電気シェーバで剃る

お肌への負担を減らすために、一番負担が少ない電気シェーバをおすすめしています。カミソリしかない場合は、専用クリームを使用すると良いでしょう。

  • 毛穴詰まりのケアをする

毎日のバスタイムで毛穴の汚れや古い角質をキレイに落としてください。毛穴の汚れがたまらないようにしましょう。

  • 乾燥させない

肌荒れによる色素沈着を防ぐために、保湿化粧品でしっかり潤いを与えましょう。お肌のターンオーバーが正常になることで、軽い黒ずみであれば解決します。

目次へ戻る

脇の黒ずみを隠す方法はないの?

黒ずみを隠したい時はファンデーションが役に立ちます。脇は皮脂腺や汗腺が多く、肌環境も顔と異なります。ですから、化粧用のファンデーションではなく専用のファンデーションを使用しましょう。肌質に合わせた専用ファンデーションが沢山あります。

  • 衣服の摩擦から身を守る
  • 汗や水に強いウォータープルーフ
  • 抗菌作用消臭
  • 汗を抑える

黒ずみを隠すだけではなく、脇の臭いやベタベタを抑える働きもあります。しかし、脇専用ファンデーションは皮脂や汗に強いため、洗い残しが起こりやすいデメリットがあります。ですから、クレンジングオイルでしっかり洗ってください。

目次へ戻る

脇の黒ずみを皮膚科で治す方法はあるの?

皮膚科で診察してもらうことも可能ですが、一般皮膚科では対応していないケースがあります。ですので美容皮膚科を受診することになります。

レーザートーニングやイオン導入といった実感しやすい治療法を受けられます。毛穴の黒ずみに対してはケミカルピーリングが主流です。保険適用外になりますので、相応の出費を覚悟する必要があります。しかし、皮膚科の塗り薬であれば比較的安価に対処することも可能です。

トレチノインやハイドロキノンが主流

皮膚科で良く用いられるのはハイドロキノンとトレチノインです。これらの美容成分は、真皮まで色素沈着してしまった頑固な黒ずみにも期待できます。

  • トレチノインの特性

トレチノインは、お肌のターンオーバーを強制的に行います。皮膚の深部にできたメラニン色素を外に押し出します。ターンオーバーを早めることで、色素沈着の予防を目的とした美容成分です。しかし、既に出来てしまったお肌の深部にあるシミには期待できません。

  • ハイドロキノンの特性

ハイドロキノンは、メラニンを作るチロシナーゼという細胞の働きを弱めます。メラニン生成を抑えるだけでなく、漂白作用があります。しかし、トレチノインとハイドロキノンにも注意点があります。トレチノインやハイドロキノンの作用は強力ですので、肌に負担がかかります。脇は敏感ですので、赤みや肌荒れが起きることがあります。

  • トレチノインやハイドロキノンの注意点
  • 使用中は紫外線に当てない。
  • 指定されている使用量や使用期限を厳守する。
  • 濃度が強いものは皮膚科に相談し使用する。

心配な方は、パッチテストを行ってから利用してください。濃度の薄いクリームから始めて、高濃度のクリームを使用したい場合は、皮膚科相談してください。

目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました